士業選びのポイント

男性

司法書士が第一選択

横浜での相続に関する手続きは、一生の内あるかないかという確率です。しかし人が一人亡くなると様々な手続きが必要になるため、残された家族は手続きのサポートや代行をしてくれる士業を頼ることが多いです。横浜で相続に関する手続きを行っている士業は、弁護士と税理士、司法書士がよく知られていますが、手続きによっては土地家屋調査士や社会保険労務士、行政書士が出てくる場面もあります。手続きの内容によって横浜の各士業が行えるものが違うので、適切な選択が必要です。始業選びに困ったら、相続に特化した事務所を探すのが最も手っ取り早い方法となります。なお、横浜では特化している事務所は、司法書士事務所が多いです。司法書士ができる手続きは、相続登記や所有権保存登記、抵当権抹消登記などの登記の他、遺言書の検認及び開封や遺言執行者の選任、遺言内容の執行です。また、相続人の調査や不動産の調査、遺産分割協議なども扱えますし、故人の財産管理や処分も行えます。司法書士は不動産登記のプロなので、不動産を相続する場合は第一選択となります。相続問題は弁護士、というイメージを持つ人も少なくありませんが、実際に弁護士でなければいけないのは、相続人同士で揉めたときに調停や裁判所以外での協議が必要になった場合です。その一方で、司法書士は相続のスペシャリストではないので、相続税の申告や準確定申告の申告など、税金に関することを依頼するのなら税理士を選ぶ必要があります。

PICK UP

相続税の申告

計算する人

相続税申告の手続きは個人でも行えますが、専門的な知識がなければ容易ではないので、税理士に依頼しましょう。税理士には、所有している財産を全て正しく報告すること、早いうちに依頼することが大切です。

詳しく見る

何かトラブルが起きたら

介護

フランチャイズ契約は自分一人で開業するよりもリスクを大幅に減らすことが出来るということで注目されるようになっていますが、一方でロイヤルティーに関するトラブルによって訴訟問題に発展してしまうケースもあります。そういった場合にはフランチャイズに詳しい弁護士に依頼することで問題を解決出来る場合もあります。

詳しく見る

士業選びのポイント

男性

横浜で相続手続きに困ったら、相続に特化した事務所を探すのが最も早い方法です。それは司法書士事務所が多く、特に不動産を引き継いだときは司法書士を選ぶ必要があります。また、相続人同士で揉めた場合は弁護士、税金問題は税理士を選びます。

詳しく見る

お店を開店させたい人に

書類

風俗店には様々な種類があり、ゲームセンターやクラブ等も風営許可申請が必要です。申請すれば誰でも営業できるわけではなく、様々な調査も受けます。書類も多く、そして正確なのが必要であり開店準備どころではない労力が必要です。その法律の専門家んい代理申請を依頼する事で、安全に開店できます。

詳しく見る

Copyright© 2017 【口コミをチェック】信頼できる弁護士事務所を選ぶコツとは All Rights Reserved.