お店を開店させたい人に

書類

法律で様々な決まりがある

風俗店というと性風俗と思う方は非常に多いですが、接待飲食店や遊戯場営業も風俗営業と言います。接待飲食店はバーやクラブ等を指し、遊戯場とはパチンコやゲームセンター等を指します。これらを営む場合には、風営許可申請して公安委員会の許可が必要になります。風営許可申請をせずに営業を行うと、2年以下の懲役または200万円以下の罰金、もしくは併刑といった重い罰則が科せられます。自分が営業しようとする店が、風俗店に該当するかは基準により様々です。勘違いして風営許可申請しなくて営業し、思いもよらぬ罰則を受けない様に注意が必要です。また風営許可申請だけでなく、飲食店ならもちろん食品衛生法による許可も受ける必要があります。お店を営む上で法律遵守と届出、許可は避けられません。安全に営業する為には必要ですが、この様な法律はなかなか知る機会もなく、準備する書類も多く大変です。そこで助けになるのが法律の専門家です。開業前の忙しい準備と並行して行う申請業務を代理で行ってくれるのです。専門家に依頼する事で開店準備に集中でき、時間と労力を大幅にカットする事ができます。その法律の専門家には弁護士・司法書士・行政書士があげられます。それぞれに専門分野があるので事前に確認しておくと良いでしょう。風営許可申請して許可された後にも注意は必要です。許可証の掲示や騒音や広告の規制等、遵守する事は多いです。また何か変更が生じる場合には事前申請も必要です。法律の専門家から風営許可申請代理だけ依頼するのではなく、その後の事も伺うと安心です。

PICK UP

相続税の申告

計算する人

相続税申告の手続きは個人でも行えますが、専門的な知識がなければ容易ではないので、税理士に依頼しましょう。税理士には、所有している財産を全て正しく報告すること、早いうちに依頼することが大切です。

詳しく見る

何かトラブルが起きたら

介護

フランチャイズ契約は自分一人で開業するよりもリスクを大幅に減らすことが出来るということで注目されるようになっていますが、一方でロイヤルティーに関するトラブルによって訴訟問題に発展してしまうケースもあります。そういった場合にはフランチャイズに詳しい弁護士に依頼することで問題を解決出来る場合もあります。

詳しく見る

士業選びのポイント

男性

横浜で相続手続きに困ったら、相続に特化した事務所を探すのが最も早い方法です。それは司法書士事務所が多く、特に不動産を引き継いだときは司法書士を選ぶ必要があります。また、相続人同士で揉めた場合は弁護士、税金問題は税理士を選びます。

詳しく見る

お店を開店させたい人に

書類

風俗店には様々な種類があり、ゲームセンターやクラブ等も風営許可申請が必要です。申請すれば誰でも営業できるわけではなく、様々な調査も受けます。書類も多く、そして正確なのが必要であり開店準備どころではない労力が必要です。その法律の専門家んい代理申請を依頼する事で、安全に開店できます。

詳しく見る

Copyright© 2017 【口コミをチェック】信頼できる弁護士事務所を選ぶコツとは All Rights Reserved.