相続税の申告

計算する人

相続税の申告と専門家

相続税とは、人が亡くなった際に一定の財産以上保有していた場合に課税される税です。平成26年に相続税法の改正が行われたため現在非常に注目されている税となっています。相続税申告を行う際に相続人自らが申告書を作成することも可能ですが、専門でない相続人がすべて作成することは非常に困難です。したがって専門家である税理士に依頼して相続税申告を行うことが一般的です。相続税申告を税理士に依頼する際に相談時に気をつけるポイントがあります。そのひとつとしてすべての財産を漏れなく税理士に情報開示するという点です。相続税申告の依頼を受けた税理士は、たとえば預金の有無を調べる際には通帳からお金の流れを把握して財産漏れがないかどうかなどをチェックします。ただ通帳からすべての財産を把握できるように精査しますがなかには通帳から把握できない場合もあります。こういった場合に相続税申告の際に財産として計上されていない預金が存在することになり、税務調査等によって指摘された場合には本来納めるばき税額に加算して税金を納付する必要があります。ふたつめのポイントとしてなるべく早めに相談するということです。相続税申告は申告期限が設けられています。基本的には亡くなった日の翌日から10か月を経過する日までに申告および納付を行う必要があります。また申告期限があるという点に関連して期限後申告の場合には使えない特例があります。これは小規模宅地の特例などです。この点からも早めに相談することが大切になります。

PICK UP

相続税の申告

計算する人

相続税申告の手続きは個人でも行えますが、専門的な知識がなければ容易ではないので、税理士に依頼しましょう。税理士には、所有している財産を全て正しく報告すること、早いうちに依頼することが大切です。

詳しく見る

何かトラブルが起きたら

介護

フランチャイズ契約は自分一人で開業するよりもリスクを大幅に減らすことが出来るということで注目されるようになっていますが、一方でロイヤルティーに関するトラブルによって訴訟問題に発展してしまうケースもあります。そういった場合にはフランチャイズに詳しい弁護士に依頼することで問題を解決出来る場合もあります。

詳しく見る

士業選びのポイント

男性

横浜で相続手続きに困ったら、相続に特化した事務所を探すのが最も早い方法です。それは司法書士事務所が多く、特に不動産を引き継いだときは司法書士を選ぶ必要があります。また、相続人同士で揉めた場合は弁護士、税金問題は税理士を選びます。

詳しく見る

お店を開店させたい人に

書類

風俗店には様々な種類があり、ゲームセンターやクラブ等も風営許可申請が必要です。申請すれば誰でも営業できるわけではなく、様々な調査も受けます。書類も多く、そして正確なのが必要であり開店準備どころではない労力が必要です。その法律の専門家んい代理申請を依頼する事で、安全に開店できます。

詳しく見る

Copyright© 2017 【口コミをチェック】信頼できる弁護士事務所を選ぶコツとは All Rights Reserved.